いきゃさけっ!~陰キャが叫びたがっているんだ~

ウェイ系に憧れるだけの大学生が叫びたいブログ

初体験。20歳の夏の夕闇の中で

nted.hatenablog.com

後輩が書いたブログに触発された。
恥ずかしいことも、普段自分が人にしないことなら書いてみると心弾むかもって。

僕が普段人に言わないこと・・。
せやなぁ、結構オープンだなぁ・・。

わけ隔てなく誰にも自分をさらけ出してきた気がする。
良くも悪くも。

じゃあ、今日は俺が初めてした日のことをさらけ出そうかな。
誰得な気もするけど。

f:id:ayuisfish714:20160629233321j:plain

大人への道

だった。僕にとって。物心ついた時から、興味はあった。
ませていたのかもしれない。
両親から教わるとかはなく、ただ純粋に楽しそうって思ってた。

そんな僕だけど、20歳までなかなかチャンスが回ってこなかった。
仕方ないよ。多分そーゆー決まりだったんだから。

18歳くらいから特にうずうずしていた。
はー抑えきれない~とか思いつつ、
二年耐えた。

そして、時が来た。

f:id:ayuisfish714:20160629233900j:plain

受付に行くとおばちゃんがいた。
すげえ、緊張しながら軽く挨拶をして、
移動した。

犯罪を犯すわけでもないのに緊張が止まらなかった。
入れて平気なのか?
まじでいいのか?

ずっと震えてた。
自信はあった。勉強もした。
けど、実際そこに足を踏み入れるとガクブルした。

大人ってすげえわ。
これを乗り越えたんやろ?初めてって勇気いるわぁ・・。
男子も女子もそこにはないって思った。

f:id:ayuisfish714:20160629234321j:plain

そして、
入れた。

 

入れてしまった。
もう取り返せない。
やりなおせない。
俺の初めてはこの人しかいない!!!!

そう強く念じ、迷いなくいれた。
上手く出来たと思う。
初めてにしては、戸惑いも少なかったはずだ。

ふぅ。

これで大人になったんだ。
僕は少し鼻高い心地よい気持ちになった。

帰る時、おばちゃんに

「ありがとうございました。」

って言った。
「若いのにすごいねぇ」
って言われた。若いから元気よく入れるもんじゃないのか?
と不思議がりつつも、僕はその場を後にした。

f:id:ayuisfish714:20160629234642j:plain

そう、初めての選挙、しかも期日前投票!!
やってよかった!
ってか普通にワクワクするし。

選挙って官能的。
キャバクラの指名とかと同じ。
気になった人に入れる。それだけでいい。
多少は責任感がこもると思うけど、いつかはやり直せる。

選挙を遊ぼう。
おもしろかったので、そう思いました!!
以上!