いきゃさけっ!~陰キャが叫びたがっているんだ~

ウェイ系に憧れるだけの大学生が叫びたいブログ

「人の悩みを聞いて自分が辛くなる」が分からない

「相談に乗って」
って言われると僕は鼻が高い。
頼られてんのかなぁって思いこむことが出来る。
ある種、誰かに頼られることで自己承認欲求を満たしているのかもしれない。

このブログを書くことで、今後誰からも相談に乗ってと言われなくなるかもしれないが、まぁいいだろう。笑

こんなブログを読んだ。

www.kokoro-no-compass7.com

全く共感できなかった。
僕はマイノリティだろうか。

f:id:ayuisfish714:20160614113125j:plain

感情移入
っていうことをしすぎるから疲れる。
ことが僕にはわからない。

確かにヘビーな悩みは聞いていて「おお」ってなる。
ただ、そこに自分の姿を照らし合わせるようなことはしなくてよいのではないか。

カウンセリングとか対話において、相手が求めることってのは
”話を聞いてほしい”
ってことなんじゃないだろうか。
具体的なアクションなんて、こちらの意見を押し付けて相手を余計苦しめるような気もする。
「○○君が好き、嫌い、どうしたらいい?」
って言われてもあくまでも、相手がどうしたらいいかを教えるに徹するべきじゃないか?

f:id:ayuisfish714:20160614113930j:plain

馬耳東風とまではいかないけれど、
のめりこみすぎる人はその、感受性の豊かさが自分の長所から短所になっていることに気が付くべきだ。重すぎるぜ。

とはいえ、一生懸命話を聞かない人は好かれない。
”話を聞く”
ことと
”疲れる”(精神的に)
は別のアングルから捉えるべきだし、話を聞き疲れたと周りにこぼす人は嫌われがちだと思ってしまった。

僕はいい話の聞き手になりたいなぁ!